筋トレのモチベーションを爆上げする9つの方法(動画・音楽・漫画など)

筋トレのモチベーションを爆上げする9つの方法(動画・音楽・漫画など)

筋トレって始めたばかりは、やる気があるけどモチベーションが続かないのよね。

ケイコ

パナ子

確かに自分で筋トレしたり、フィットネスジムでダイエットするには強い意志を持たないと継続することが難しいよね。

今回は、トレーニングのモチベーションを上げるおすすめ動画・目標設定の方法やり方を科学的な理論に基づいて紹介するね。

この記事で分かること

  • 筋トレのモチベーションが続かない理由
  • 筋トレのモチベーションを上げる方法
  • 筋トレを習慣化する方法

どうして筋トレのモチベーションが続かないのか?

筋トレを始めるときは「人生変えてやる!」くらいの気持ちで始めるのに、トレーニングに飽きたりとモチベーションが続かないのはどうしてでしょうか?

筋トレのモチベーションが下がる理由には以下のようなことが考えられます。

  • 精神的に疲れている
  • 肉体的に疲れている
  • 効果が感じられない

筋トレのモチベーションが続かない理由|精神的に疲れている

パナ子

精神的に疲労している状態が続くとやる気の低下を招き、段々とトレーニングをすることへの意識や興味が薄れていくことってない?
確かに、仕事が忙しくてプライベートでもなかなか時間がとれないと、面倒くさくなって「ああ今日はもういいや、明日にしよう」となるよね。

ケイコ

特に仕事や人間関係など「精神的な疲労感」が蓄積することによって筋トレをする意欲が無くなり、そのままずるずると体を動かす習慣が失われて行きます。

筋トレのモチベーションが続かない理由|肉体的に疲れている

肉体的疲れや、ケガをしているなどの状態のときはモチベーションの低下につながります。

普段やらないような運動をすると、翌日筋肉痛になったり、無理な運動により最悪ケガをしたという経験はありませんでしたか?

筋肉痛や肉離れ・捻挫などのケガをするとやる気やテンションが下がったりしますよね。

筋肉痛により体を動かせない状態や怪我により筋トレをやりたくてもできないという状況に。

トレーニングをしない、できない日が続くとそれに慣れてしまい、やる気が起きない原因の一つとなるのは明らかです。

筋トレのモチベーションが続かない理由|効果が感じられない

一生懸命頑張っているのになかなか思うような効果が感じられないと、トレーニング自体に疑問を感じ、やる気がなくなることも出てきます。

周りの人たちはトレーニングの効果が目に見えて出てきているのに、「なぜ自分は出ないのだろう?」と思ったことはありませんか?

自分が納得するほどの効果が感じられないとトレーニングを続けてても意味があるのだろうか?と疑問に感じてしまうのです。

トレーニングに効果を感じれないと続ける意味や、やる理由がなくなっていきモチベーションは必然的に低下することになります。

ですので、筋トレを続けるにはモチベーションを維持するのがとても大事。

それでは、どのようにモチベーションをコントロールしたらいいのでしょうか?

筋トレのモチベーションを上げる9つの方法

筋トレのモチベーションを上げる方法をご紹介します。

youtubeなど動画を見てモチベーションを上げる

【モチベーション】筋トレ・運動をする本当の理由

「今日は筋トレするのめんどくさいな」「なんか気分がのらないな」と感じた時は、youtubeなどのやる気が出る動画を見ることをおすすめします。

動画を見ることで気持ちが前向きになり、「さあ、やるぞ!」とモチベーションが上がること間違いありません。

筋トレ前や筋トレ中にモチベーションが上がる曲を聞く

https://youtu.be/M5L57eHxIG4

パナ子

筋トレ前や筋トレ中に音楽を聴くと、トレーニング効果が上がると言われているわ。

シェフィールド・ハーラム大学の2012年の研究では、音楽が運動のパフォーマンスを向上させるという結果が出ています。

The present results indicate that exercise is more efficient when performed synchronously with music than when musical tempo is slightly slower than the rate of cyclical movement.

引用:Effect of music-movement synchrony on exercise oxygen consumption

筋トレは単純作業の繰り返しになるのでマンネリ化したり、マイナスな気持ちになることも。

しかし、筋トレ中に音楽を聴くことで気持ちを盛り上げたりコントロールしやすくなりますので、「ツラい」とか「キツい」という気持ちを和らげることができるんです。

パナ子

気分が上がることで、集中力も増し、より理想のボディに近づきやすくなります。

筋トレ前や筋トレ中にモチベーションが上がる本を読む(聞く)

自己啓発の本を読んだり、オーディブル等で本を聴くことは自分を変えたいという思いを強くしてくれます。

「自分を変えたい」という思いから筋トレを始めた方は多いはず。

パナ子

私がオススメしたいのは、「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」。

女性にも読みやすいですよ

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

Testosterone
1,100円(09/22 01:32時点)
発売日: 2016/01/29
Amazonの情報を掲載しています

この本はただの筋トレ推奨本ではなく、自己啓発本。

人生のほとんどの悩みは筋トレで解決するなんて本当か?と思う方もいるでしょう。

しかし、だまされたと思って一度読んでみることをお薦めします。

アマゾンのオーディオブックも出ているので、読むのが面倒な方はぜひ耳で聞いてみてください。

筋トレのモチベーションを上げる方法|筋トレ前に理想の体の写真(画像)を見る

自分が目指す理想の身体の画像を見ることで、自分自身を鼓舞し、やる気を出すことが可能です。

目標がなくダラダラと筋トレしても効果は薄いもの。

自分がなりたい身体のイメージをしっかりと脳に焼き付け、強い信念のもとに運動することでトレーニングの効果も違ってきますよ。

筋トレのモチベーションを上げる方法|お金を払ってジムに通ってしまう

パナ子

どうしてもモチベーションが上がらない人は、思い切ってお金を払ってジムに通ってしまいましょう。

ジムに行かないとお金がもったいないし、ジム仲間ができてトレーニングするのが楽しくなってきますよ。

他人の存在はとても刺激になり、「自分も負けていられないな」という気持ちになりますよね。

安くないお金といっても自分が変われるのであれば、ジム代は決して高い投資ではありません。

低価格でパーソナルトレーニングジムを体験したい人は「10万円以下で通えるパーソナルジム」がおすすめです。

 

筋トレのモチベーションを上げる方法|筋トレ仲間を作る

パナ子

お互いが刺激しあえるような仲間がいたら、きつい筋トレも乗り越えやすくなります。

自分ひとりで頑張るのは限界がありませんか?

しかし、同じ目標をもっている仲間が近くにいたらどうでしょう。

お互いの頑張りをたたえあったり、伸び悩んでいるときにアドバイスをもらえたり、他人の頑張っている姿を見て刺激をもらえたりと仲間の存在はとても大きなやる気を与えてくれます。

筋トレのモチベーションを上げる方法|自分へのご褒美を作る

何かを頑張ったあとのご褒美は一番テンションが上がりますよね。

甘いものを食べる・好きなものを買うなど何でもいいので、目標を達成した自分へのご褒美を作ってみましょう。

パナ子

ご褒美の後は気分もリフレッシュされて、また頑張ろう!という気持ちを起こさせてくれます。

小さくてもいいので目標を達成するための理想的なサイクルを作り上げることができるので、とても効果的な方法なんですよ。

筋トレのモチベーションを上げる方法|プロテインやBCAAサプリ飲んでみる

トレーニング前にHMBなどのサプリメントを習慣化して飲むことで、心理的にも運動する動機づけになります。

サプリメントを飲む→その後運動をする。と潜在意識として植え込むのです。

それに、プロテイン等やBCAA等のアミノ酸を摂取することによって、筋トレの効果にも違いが生まれ、やればやるだけ結果にも結びつきやすくなるので一石二鳥。

結果が出始めるとさらにモチベーションを上げてくれますので、これまで以上にやる気に拍車がかかります。

筋トレのモチベーションを上げる方法|筋トレグッズを買う

新品のダンベルやベンチ台があれば、早く使ってみたくなりますよね!

今まで使っていた筋トレグッズを新しいものに変えるだけで、新鮮な気持ちで筋トレに取り組むことができるんですよ。

それにジムに通うのと一緒で、せっかくお金を出して購入したのだから「使わないと損」という気持ちも働いて筋トレをする動機にもなります。

筋トレは習慣化することが大事

パナ子

筋トレを続けるには習慣化してしまうことが大事。

ごはん・お風呂・トイレと同じ感覚で筋トレを行えるようになるとベストです。

そのためには、以下の3つが重要

  • 小さくても成果を喜ぶ
  • スケジュールを決める
  • 環境を整える

筋トレを習慣化する方法|小さくても成果を喜ぶ

筋トレは効果が見えるようになるまでに時間がかかるのが難点なので、回数の増加や重量の小さな増加に意識して成果を感じるようにしましょう。

そうすることで、着実に自分の筋力が上がっていることが実感できます。

パナ子

今まで超えられなかった回数や重量がクリアできると、それだけでかなりの達成感を得ることができますし、さらに上を目指そうという気持ちもプラスして次のトレーニングが楽しみになりますね。

またクリアしていくことに楽しみを覚えるころには見た目も変化してきますので、モチベーションが上がるでしょう。

筋トレを習慣化する方法|スケジュールを決める

パナ子

自分の生活リズムの中に筋トレをスケジューリングすることで、「明日からやろう」「いつからやろうかな」という迷いを防げます。

決まった時間になれば自動的に筋トレを始めると決めれば、もはやモチベーションは関係なく機械的に運動できるようになりますよ。

筋トレを習慣化する方法|環境を整える

筋トレを継続して続けられる環境を作ることが重要です。

マンネリ化してやる気を失わないためにも環境の変化は大切な要素の一つ。

自宅での筋トレやジム、またはパーソナルトレーナーを付けるなど、変化を付けることで飽きずに筋トレを習慣化することができます。

特に指導してくれる人がいるのは心強く、やる気を起こす支えになってくれるものです。